Archive for admin

種類色々!メンズネイルのデザイン

おしゃれの定番であるネイル。ジェルネイルや3Dネイルなど様々なネイルが進化して
新しいサービスを提供してくれます。そんな日々進化しているネイル。
実は、最近では、男の人もネイルをする人が増えているのです。

男ネイルやメンズネイルなど、既に欧米ではメンズネイルが流行っています。
女性にとってみれば「え?男がネイルなんて」と引く人もいるでしょう。
でも、最近の男性はおしゃれ思考が多いので、メンズネイルがウケているのも何となく分かる気がします。

さて、今回は、人気のメンズネイルのデザインについてチョロっと紹介します。

【モノトーンカラーが主役】

男性らしい色といえばやはり。黒ですよね。メンズネイルのキホンはほとんどが
モノトーンカラーが多いです。図柄は、男性らしく龍や星、マーブル模様、ドクロなどが
多いです。

【カラフルなネイルもたくさん】

トランプ柄や国旗なども男性に人気のネイルです。
自分でこんな柄が欲しいと申し出ると、要望が叶いやすいというのもいいでしょう。

スカルプ

ジェルネイルの中で、スカルプという言葉も出てきます。
このスカルプとは、スカルプチュアからきていて、直訳すると造形です。

形を作ることですから、ジェルネイルはスカルプの一つと言えます。
ですから、ジェルネイルのことはジェルスカルプとも言います。
ネイル関連で、ただスカルプということはありませんが、要は同じと考えて良いでしょう。

ただスカルプというと、人工爪の意味もあります。
ジェルネイルの中で、自爪よりも長い爪にしたい時装着するもので、アクリルスカルプチュアの総称のことも言います。
ジェルスカルプとアクリルスカルプの違いは長さにあると言われています。

 

長出ししたい時には、丈夫なアクリルの方が良いという事になります。
スカルプはつけ爪ではなく、人工爪ですから好みに応じての長さ、クリア感がでる、なかなか剥がれないなどのメリットがあります。
運動や入浴もOKですが、水仕事が多い場合は、剥がれる期間が早くなるかもしれません。

スカルプのメリットは、自爪ではできないアートを楽しむことができること、立体的なモノも自由に作ることができます。
爪を長く伸ばせない方にも、長出しを作ることで、満足できますし、指も長く見せることができます。

人工爪を乗せる点で、自爪への負担も大きくなり、爪を傷めることもあります。

と同時に、爪が荒れたり、乾燥の度合いがひどくなってしまう方もいらっしゃいますから、
爪ケアはしっかりと行うようにして、スカルプネイルを楽しんでください。

ソフトジェル

ジェルネイルには、ソフトジェルとハードジェルがあります。

そのうちソフトジェルとは、専用の液で落とすことができるジェルを使用することを言います。

ジェルネイルは、液をつけてUVライトなどで硬化をして楽しむものですが、オフ、ジェルを落とすときに、
リムーバーなどをつけることで簡単に落とすことができるタイプのものをソフトジェルといいます。

ハードジェルは、そう簡単に落とすことはできず、たいていはネイルサロンなどで行なってもらう事になります。
ですから、ソフトジェルの方は、ご家庭で簡単にセルフネイルができるメリットもあります。

CX_FV016

日本ではソフトジェルがとても人気がありますから、メーカーも種類も豊富です。
ソフトジェルトとともにソークオフジェルという言い方もしますが、同じことを言っています。
ジェルネイル初心者の方はもちろん、セルフネイルで楽しみたい方には、ソフトジェルがオススメ。

自爪の傷みも少なく、トラブルもハードジェルと比較をしても少ないと言われています。
ジェルは、オフやケアの点で、自爪のトラブルの大きさが変わります。

ですから、セルフネイルでしっかりとできることが基本になります。
ということは、セルフネイルなら当然ソフトジェルということになりますが、
きちんとできるようになるまでには、経験が必要ですと、セルフネイルのための講習会なども開催されています。

ソフトジェルの上級者を目指すのなら、講習会もオススメです。

バイオジェル

ジェルネイルでバイオジェルと言うのは、1988年に創設された南アフリカのバイオスカルプチュアジェル社の製品のことを言います。
現在流行りのジェルネイルの先駆けてとして、カルジェルと同様早期に日本にジェルネイルの風を吹き込みました。

バイオジェルの特徴として、爪にやさしい事が第一に挙げられます。
その為の工夫として、サンディング不要、柔軟性の高さ、透過性の高さなどで、日本はもとより世界でも人気のジェルネイルとされています。

誰でも気軽に始められるのですが、バイオスカルプチュアジェルを
本格的にしようという方は、認定校などで通い、講習を受けることが技術の向上ができます。

よくバイオスカルプチュアジェルというと、カルジェルと比較されることがありますが、どちらもソフトジェルで、存在的には、日本では老舗といったところでしょう。
好みの問題の使い分けですが、本質的には同じものです。

バイオスカルプチュアジェルは100種類の色が揃っていて、長だしをするのにも簡単に行えるメリットがあります。
硬さがあり、曲がった爪の矯正のできるとの評判です。
丈夫で、柔軟性が高いので、もともと弱い爪の方にも安心してつける事ができます。

窮屈感がなく、定着力も強い、差してトップコートなしでも1ヶ月ももちが良いということです。
カビの発生率も低く、長持ちさせたいジェルネイルとして、バイオスカルプチュアジェルは人気があります。

ただ全体的に色が薄付きと言われる批評が多いと言うのが、バイオスカルプチュアジェルがカルジェルと比較対象になることが多いようです。