Archive for よくある質問

ジェルネイルはどのくらいもつ?

“ジェルネイルの持ちは、3週間から1ヶ月くらいが平均と言われています。
と言っても、日常生活で家事を行う方行わない方、爪の乾燥度合い、普段の生活の指先の使う頻度によっても大きく変わります。

ですから、絶対に持ちがこのくらいというのではなく、当然個人差は大きいとされています。
たいていネイルサロンなどで行なってもらった場合、
持ちは良いと避けていますが、セルフネイルの場合のもちは平均して短いとされています。

なんとか3週間程度はもたせたい、セルフネイルをとことん追求したい場合、経験を積むことでしょう。
基本的に間違ったジェルネイルをしているのは論外ですが、手順はきちんと行うように気をつけましょう。
よくあるパターンとして、ジェルネイルがすぐに浮いてきたり、空気が入ってしまうなどのトラブルによってもちが悪くなることがあります。

また、水仕事やお風呂上がりのジェルネイルは厳禁。
爪に水分が含んでいる時のジェルネイルは、持ちが悪くなってしまうと言われています。

水仕事を頻繁に行う方の場合、特には2週間程度で剥がれることもあります。
これは、爪に多くの水分が含んでいるので、ある程度は仕方のないことです。

また、そのような時に、水分が多くカビの原因にもなる場合がありますから、オフをしてしまうことをオススメします。
持ちは悪いことになりますが、水仕事をしている方は、この程度が限界でしょう。

手の乾燥のためのハンドクリームも、爪に多く含ませることで、持ちが悪くなるとも言われています。
気をつけましょう。

爪が弱くて折れやすくてもジェルネイルは出来る?

元々爪が弱くて、すぐに折れてしまう方でも、ジェルネイルを楽しむことができます。
いくつかの注意点に気をつけることで、反対に爪を折れにくくすることも可能です。

マニキュアでもジェルネイルでも最初は必ずベースコートから始まります。

ベースコートの役目は爪の保護でもあります。
爪をジェルなどから守るためにも、ベースコートは厚く塗るようにしてみてください。
ベースコートが厚いことで、オフもしやすくなります。

 

FW043

そして、ジェルネイルはカルジェル、バイオ汁などのソフトジェルを使用するのは絶対です。
ジェルネイルで、爪表面をコーティングをすることで、弱い爪を強化するとお考えください。
ジェルネイルをぬることそのもので弱い爪を保護することを意味します。
そのジェルネイルもオフの時には、除光液で簡単に落とすことができません。
ですから、最初からオフをしやすいジェルネイルを選択する必要があります。
もしネイルサロンで行うのなら、必ずここは確認をしてもらってください。

ネイルサロンでは、徹底的なオフをするので、爪の弱い方にはデメリット的なオフになることが多いと言われています。
セルフネイルの場合は、最初からオフを前提にしたジェルネイルを使用します。
削りすぎは絶対に爪にマイナスになります。

ファイルも余計なことをしない、厚みを持たすように見えるよう技術を身に付けることをオススメします。
どうしても心配な方は、爪を削らないジェルネイルキットも発売されています。

こちらですと、爪への負担が小さく、安心して使用することができます。