バイオジェル


ジェルネイルでバイオジェルと言うのは、1988年に創設された南アフリカのバイオスカルプチュアジェル社の製品のことを言います。
現在流行りのジェルネイルの先駆けてとして、カルジェルと同様早期に日本にジェルネイルの風を吹き込みました。

バイオジェルの特徴として、爪にやさしい事が第一に挙げられます。
その為の工夫として、サンディング不要、柔軟性の高さ、透過性の高さなどで、日本はもとより世界でも人気のジェルネイルとされています。

誰でも気軽に始められるのですが、バイオスカルプチュアジェルを
本格的にしようという方は、認定校などで通い、講習を受けることが技術の向上ができます。

よくバイオスカルプチュアジェルというと、カルジェルと比較されることがありますが、どちらもソフトジェルで、存在的には、日本では老舗といったところでしょう。
好みの問題の使い分けですが、本質的には同じものです。

バイオスカルプチュアジェルは100種類の色が揃っていて、長だしをするのにも簡単に行えるメリットがあります。
硬さがあり、曲がった爪の矯正のできるとの評判です。
丈夫で、柔軟性が高いので、もともと弱い爪の方にも安心してつける事ができます。

窮屈感がなく、定着力も強い、差してトップコートなしでも1ヶ月ももちが良いということです。
カビの発生率も低く、長持ちさせたいジェルネイルとして、バイオスカルプチュアジェルは人気があります。

ただ全体的に色が薄付きと言われる批評が多いと言うのが、バイオスカルプチュアジェルがカルジェルと比較対象になることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です