スカルプ


ジェルネイルの中で、スカルプという言葉も出てきます。
このスカルプとは、スカルプチュアからきていて、直訳すると造形です。

形を作ることですから、ジェルネイルはスカルプの一つと言えます。
ですから、ジェルネイルのことはジェルスカルプとも言います。
ネイル関連で、ただスカルプということはありませんが、要は同じと考えて良いでしょう。

ただスカルプというと、人工爪の意味もあります。
ジェルネイルの中で、自爪よりも長い爪にしたい時装着するもので、アクリルスカルプチュアの総称のことも言います。
ジェルスカルプとアクリルスカルプの違いは長さにあると言われています。

 

長出ししたい時には、丈夫なアクリルの方が良いという事になります。
スカルプはつけ爪ではなく、人工爪ですから好みに応じての長さ、クリア感がでる、なかなか剥がれないなどのメリットがあります。
運動や入浴もOKですが、水仕事が多い場合は、剥がれる期間が早くなるかもしれません。

スカルプのメリットは、自爪ではできないアートを楽しむことができること、立体的なモノも自由に作ることができます。
爪を長く伸ばせない方にも、長出しを作ることで、満足できますし、指も長く見せることができます。

人工爪を乗せる点で、自爪への負担も大きくなり、爪を傷めることもあります。

と同時に、爪が荒れたり、乾燥の度合いがひどくなってしまう方もいらっしゃいますから、
爪ケアはしっかりと行うようにして、スカルプネイルを楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です