ジェルネイルはどのくらいもつ?


“ジェルネイルの持ちは、3週間から1ヶ月くらいが平均と言われています。
と言っても、日常生活で家事を行う方行わない方、爪の乾燥度合い、普段の生活の指先の使う頻度によっても大きく変わります。

ですから、絶対に持ちがこのくらいというのではなく、当然個人差は大きいとされています。
たいていネイルサロンなどで行なってもらった場合、
持ちは良いと避けていますが、セルフネイルの場合のもちは平均して短いとされています。

なんとか3週間程度はもたせたい、セルフネイルをとことん追求したい場合、経験を積むことでしょう。
基本的に間違ったジェルネイルをしているのは論外ですが、手順はきちんと行うように気をつけましょう。
よくあるパターンとして、ジェルネイルがすぐに浮いてきたり、空気が入ってしまうなどのトラブルによってもちが悪くなることがあります。

また、水仕事やお風呂上がりのジェルネイルは厳禁。
爪に水分が含んでいる時のジェルネイルは、持ちが悪くなってしまうと言われています。

水仕事を頻繁に行う方の場合、特には2週間程度で剥がれることもあります。
これは、爪に多くの水分が含んでいるので、ある程度は仕方のないことです。

また、そのような時に、水分が多くカビの原因にもなる場合がありますから、オフをしてしまうことをオススメします。
持ちは悪いことになりますが、水仕事をしている方は、この程度が限界でしょう。

手の乾燥のためのハンドクリームも、爪に多く含ませることで、持ちが悪くなるとも言われています。
気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です